【切手買取業者】坂上忍のCMで有名なバイセルって安全?実際に買取してわかった特徴やメリットまとめ

賢一

賢一
こんにちは。賢一です。

最近テレビでよく見かける坂上忍さんの切手買取のCMが気になる…バイセルの切手買取りってどんな感じなの?と思われている方も多いのではないでしょうか?

あのCMを見て、切手って買取してもらえるの?!と始めて知った方もたくさんいると聞きました。

家に大量にある切手コレクションを処分したいけど多すぎて持っていくのがキツい…。

長年集めてきたし、郵便切手としては使えるが故に捨てるに捨てられない切手をもて余している。

過去に金券ショップに持っていったら古すぎて買取出来ないと言われた

様々な事情で、本当に自宅まで査定&買取をしに来てくれるなら、助かるのに・・と思われた方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは管理人が実際に切手買取でバイセルを利用してみて分かった、

公式サイトや他のサイトには書いていないバイセルの特徴について簡単に説明したいと思います。

坂上忍さんのCMが気になっていて、切手の買取をしてもらいたい…。と少しでも思われている方の参考になれば幸いです。

最初に話してしまいますが、バイセルは本当に査定依頼後、すぐに家まで査定に来てくれて大変良い買取業者でした。

対応も大変よく、さすがに額面以上とはいきませんでしたが、古い切手でも、価値があるのかわからない大量の切手でも

丁寧に査定してくれて、それなりの買取価格で買取りしてもらえたので思わぬ臨時ボーナスを頂いた気分になりました。

とにかく切手シートが大量にあり重たくて、お店に持っていくのも面倒だったので捨ててしまおうかと思っていましたが…。

捨てるつもりだった切手を現金に換える事が出来て、依頼して本当に良かったです。



>> 切手買取のバイセル公式サイトはこちら

坂上忍のCMで有名なバイセルの切手買取の特徴

CMではいい意味でも悪い意味でも主婦に人気があって影響力のある坂上忍を起用していて知名度とイメージアップを図っているけれど

実際のところ、バイセルで買取してもらうのってどうなんだろう?

買取業者に家に上がってもらうのって少し不安だし、押し買いなどの嫌なニュースも聞いたことがあるけれど大丈夫なのか?

と不安に思われている方も多いですよね。

確かに公式サイトを見てもいい事しか書いていないし、有名な業者であるが故に色々な口コミ・評判が飛び交っていて

実際のところはどうなのかわからないと疑問に思われるのも不思議な事では無いです。

そこで、実際に出張買取を依頼してわかったことや、バイセルの人に色々と聞いてみてわかった特徴をまとめてみました。

バイセルは他の切手買取業者と何が違う?

バイセルの1番の特徴は、出張買取を得意としており、他の切手買取業者に比べて早く来てくれるところです。

全国に営業所があり、山間部や島部、一部地域を除いて全国区で出張買取を受け付けており、だいたい依頼を受けてから即日〜翌日に家まで査定に来てくれます。

私は何度かバイセル に出張買取で買取査定をお願いしていて、かつ、他の業者にも買取を依頼したことがあるのですが、

他の業者はだいたい3日〜一週間くらい待たされることが多く、ひどい業者になると三週間、または1ヶ月以上先の日時を指定されることがあります。

また、査定の依頼から、査定〜買取終了までの対応がとにかくスピーディかつ丁寧で

応対が親切なのはもちろんの事、買取前に重要事項の説明をしっかり行ってくれるところや

アフターフォローの電話やクーリングオフの説明まで(出張買取は買取した日を入れて8日間はクーリングオフが適応されます)かなりしっかり行ってくれます。

査定の際も、査定員の独断で金額を決めるのではなく、本社とも連携を取りつつ金額を決めていくのも大きな特徴です。

賢一

賢一
注意:最近、問い合わせがかなり殺到しているそうで、インターネットからの依頼ですと折り返しの連絡に数日かかることがあるそうです。お急ぎの方は、公式サイトからワンクリックで電話ができますので、直接電話をかけて依頼しましょう。

>> 今すぐ切手買取のバイセルに査定を依頼する

バイセルでの切手買取の方法は?

バイセルで切手買取をしてもらう場合、買取の方法としては、

  1. 出張買取
  2. 宅配買取
  3. 持込買取

の3つの買取方法を選ぶことができます。

では、それぞれの買取方法の特徴について簡単に説明していきます。

バイセルの切手買取方法1・出張買取

出張買取は、電話やウェブから買取査定を依頼し、後で自宅まで切手の査定に来てもらうという方法です。

  • 切手が大量にあって、店舗まで持ち運びするのが難しい
  • お店まで持っていくのがそもそも面倒くさい
  • 買取してくれるお店が近所になく、行く手段が無い

というような上記の理由で、切手の買取や処分ができず今日まで持て余してしまっている人に特にオススメの買取方法だと言えます。

もちろん、見積もりだけの依頼をすることも可能ですし、万が一買取金額に納得いかなければその場でキャンセルすることもできますので

安心して査定を依頼することができます。他の業者と買取価格を比べてみたい場合などにも、バイセルの出張買取は特にオススメだと言えます。

バイセルは出張買取を得意としていることもあり、切手買取を依頼する方のおよそ9割がこの出張買取を利用するとの事です。

バイセルの切手買取方法2・宅配買取

宅配買取は、依頼後にバイセルにダンボールと着払いの送り状をを宅急便で送付してもらった後、

そのダンボールと着払い伝票を利用して査定を依頼したい切手を入れて送付するという方法です。

  • 家に直接査定員にきてもらうのは気がひける・・
  • 家が山岳部、島部などにあり出張買取が困難・・
  • いっぺんに確実に切手を処分してしまいたい!

という方にオススメの買取方法です。

切手を送付する際のダンボールは、自分で持っているものを使うことができますし、買取を依頼したい切手が大量にある場合は

着払い伝票もその量の応じていただけるので、こちらが送料を払う必要はありません。

また、送付した切手が、汚れや傷が酷くて価格がつけられないものだったとしても、依頼主が了承すれば返品されず引き取ってもらうことができます。

ただ、宅配買取のデメリットとして、査定が終了するまでに切手を送付してからおおよそ一週間近くかかってしまうことと

万が一、買取金額に納得がいかなくて返品してもらう場合は別途送料がかかってしまうことは頭に入れておいてください。

ちなみに、宅配買取はクーリングオフが適応されませんので、買取了承後の返品は不可能です!

バイセルの切手買取方法3・持込買取

持込買取はバイセルの本社まで切手を持ち込んで買取をしてもらう方法です。

バイセルの本社自体は、綺麗なオフィスで個室に仕切られた来客用スペースも十分にあるので

持込買取にも十分対応していただけます。なので

  • 自宅がバイセルに本社に近い
  • 出張買取で家に査定員を上げるのが嫌だし、宅配買取ではキャンセルする際に送料かかるのも嫌!

という方にオススメの買取方法です。

ただ、持込買取の際も、事前予約が必要で、アポ無しで訪問をしても買取はしてもらえませんのでご注意ください。必ず予約を取りましょう。

バイセルの本社は新宿にあるのですが、新宿駅からは徒歩20分弱、新宿御苑駅からは徒歩5分と結構時間がかかります。

バイセルの所在地はこちらです

会社名 株式会社 Buysell Technologies
所在地 〒160ー0004
東京都新宿区四谷4丁目28−8PALTビル8階

 

バイセルでの出張買取はこんな感じ!

賢一

賢一
バイセルでの出張買取の方法について説明をしてきましたが、実際、買取はどんな感じなのか知りたいという方のために

私が、バイセルで出張買取を依頼した時のことも交えて、バイセルでの出張買取がどんなものなのか?という点について説明していきたいと思います。

まずはバイセルで出張買取を依頼する

まずは公式サイトにアクセスし、坂上忍の画像の下のボタンを押します。

スマホの場合のボタン「無料査定のお電話はこちら」をクリックするとバイセルのコールセンターに電話がつながり

切手の買取査定を依頼することができます。

「バイセルから電話を掛けてきて欲しい・・」という方は、のボタン「今すぐ無料査定を申し込む」をクリックすると

上記のような問い合わせフォームに飛びますので、名前、住所、電話番号、メールアドレスを入力し「この内容で申し込む」ボタンを押して、査定の依頼が完了です。

バイセルに査定を依頼すると、後から電話がかかってきます。

問い合わせフォームから査定を依頼すると、だいたい30分〜40分でバイセルの本社から、登録した番号に電話がかかってきます。

依頼の後の電話でまず聞かれることは

バイセル

バイセル
  • 登録された住所の確認
  • 依頼したい切手の点数(量は大まかで結構です。額面はわからなくても大丈夫)
  • 切手は依頼主のものかどうか
  • 家の敷地内または近所に車を駐車するスペースはあるか
  • 査定に伺う希望の日時

について、色々と聞かれます。希望の日時を話した後に、下記の注意事項を説明されます。

注意事項を説明している間に、希望の日時に巡回している査定員を探すのだそうです。

バイセル

バイセル
  • 切手は必ずしも値段がついて買取できるとは限らない
  • 切手以外にも他の品目の商品の買取も扱っており、他の品目の買取を提案する場合がある
  • 査定を依頼したい商品の他に、依頼主の身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証など)の提示をお願いしてますので必ずご用意下さい。

特に重要なのが、身分証明書の提示です。

古物の買取の際には依頼主(売主)の本人確認が古物営業法という法律で義務付けられています。

なので、買取業者は依頼主の本人確認ができなければ、査定を行うことが出来ませんので注意しましょう。

注意事項を説明されると、

バイセル

バイセル
巡回している査定員のスケジュールなどを確認いたしましたところ、〇日の△時〜でしたら、お伺いができますがいかがでしょうか?

とバイセル側から、訪問可能な日時を提案をしてきてくれます。

日時の都合が合えば、了承をして、査定の予約は完了です!

ここまでかかる時間は約10分です。あまり忙しい時に電話はできないですね。

さっさと依頼を進めてしまいたい方は、空いている時間に公式サイトから電話をかけてしまった方が良さそうです。

依頼の電話は24時間対応していますので、思い立ったらすぐに依頼をすることができます。

>> 今すぐ切手買取のバイセルに査定を依頼する

バイセルの査定員がやってきました

約束の日時の20分ほど前に、バイセルの査定員から時間通り伺えるとの電話があり、

約束の時間にバイセルの査定員がやってきました。

バイセルの査定員は、30代くらいの男性査定員でした。切手の査定を得意としているのだそうです。

挨拶が済むと、名刺とパンフレットと説明書?を渡され、重要事項の説明に入ります。

重要事項といっても、そこまで重々しいものではなくて

  • 下記の品目の買取も実施していますので、もし思い当たるものがあれば申し出ていただければ査定します
  • お客様が不快に思った場合や、買取に了承をしていないのに依頼品を持って行くことは絶対にしません」

というような説明です。買取業者は何かとトラブルが多いので、このように紙で残してもらえると、安心できますね。

説明が終わると、早速、査定に入っていきます。

査定員は手袋をして切手を確認し、切手の額面を確認しつつ、計算機を素早く叩いて査定価格を出していました。

査定しつつも、こちらの質問や世間話には答えて談笑している感じです。

素早くもそれなりに丁寧に査定はしてくれました。査定が終わると、

査定金額が出て、金額に了承すると、現金が支払われます。

今回は、古い切手ばかり入った小さめの切手アルバム一冊だけを査定してもらったのですが、このようなアルバムが大量に家にある方の場合だと

総額で10万円以上の査定額がつくことも珍しくないのだそうです。

中国のプレミア切手などがあった場合は100万円を超える査定額になることもあるそうで・・夢がありますね!

現金が支払われると、切手を持って査定員が立ち去っていきます。

査定員が立ち去って、約1時間後に、スピード買取本社から私の電話に連絡があり

バイセル

バイセル
  • 査定員の態度に問題はなかったか
  • 買取金額に納得して買取に了承されたか
  • クーリングオフなどについて査定員から説明はあったか

というアフターフォローの連絡がありました。もし、不安や疑問に思うことがあればこのタイミングで聞いてみても良いですね。

バイセルで切手買取を依頼してみて・・

ここまで、バイセルでの切手買取について説明をしてきましたが、

バイセルは依頼から査定までスピーディで丁寧なのはもちろん、古い切手や汚れていたり少し破れがあるような切手でも

値段をつけてくれて買取してくれたのが印象的でした。

私の場合、プレミア切手を持っているわけではなかったのでそこまで高い金額はつきませんでしたが

金券ショップやリサイクルショップだと、重くてかさばる切手を店頭まで持っていったにも関わらず

ほぼ新品で「使う予定だったけど、色々あって結局使わなかった切手」くらいしか買取してもらえなくて

古い切手はタダ同然で引き取るか、引き取りすら拒否されるようなことも結構ありました。

バイセルのように古い切手でも買取してくれる業者は本当にありがたいですし、まとめて切手を買取してもらった時はいい臨時収入になり、

自分の趣味に使う道具などを新たに購入することができました。ただ家に置いといて邪魔もの扱いされていた切手を処分できただけでなく自分の好きなものを購入するお金も手に入れることができて本当に良かったです。

家に大量に古い切手がある・・金券ショップなどで買取を断られた・・捨てるに捨てられない切手を持て余している!という方は是非一度、査定だけでも依頼をしてみることをおすすめします!

 切手買取のバイセルに査定を依頼する

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です