いらない切手、どう利用すればいい?いらない切手の使い道・使い方教えます。


こんにちは。賢一です。

家にいらない切手を割と大量に持て余している方は多いですよね。また、古くて

汚れている切手や少し破れている切手など・・利用できないのではないか・・?と思い、

家の中にずっとしまいこんであって困っているなんて人もいるのではないでしょうか。

いらない切手は、郵便局で現金として返金してもらうことは不可能で、郵便またはゆうパックで手紙や荷物を送る際に使ったり

はがきやレターパックなどに交換して利用するしか、消費する方法はありません。

結論を言えば、極端に汚れていたり、破れていたりしなければどんな切手でも実は郵便局にて利用は可能です。

郵便物を送るときはもちろん、ゆうパックなどの料金を切手で支払うことも可能です。

ですが、本当に利用できるのか、使い切ることができるのか不安になっている方も多いですよね。

そこで、ここではいらない切手の使い道を、詳しくまとめてみましたので、ぜひ参考にお読みいただければと思います。

いらない切手を手っ取り早く消化したいという方におすすめなのが、切手買取業者に買取をしてもらうという方法です。

切手の買取を実施している業者は多数存在しますが、特にオススメの切手買取業者は坂上忍のCMでおなじみのバイセルという業者です。

バイセルは出張買取を得意としており、依頼から査定までとにかく早く来てくれますし(私の場合は依頼したその日のうちに来てくれました)

大量に家に保管していた古い切手、汚れや破れのある切手をはじめ、金券ショップで断られてしまった切手などもいっぺんに買取してくれました。

処分しようと思っていた切手でまさかの臨時収入も手に入れることができたので、本当に助かりましたので。おすすめです。


>>【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

いらない切手の使い道1・郵便物を送る際に利用する

いらない切手を利用する際に一番に思い浮かぶのが、郵便物を送付する際に使う方法だと思います。

基本的にどんなに古い切手でも保存状態が良ければ現在も郵便物を送付する際に封筒やはがきに貼り付けて送ることは可能です。

ただ、少額切手を何枚もベタベタと封筒やはがきに貼り付けるのは、目上の人などには失礼にあたりますので注意が必要です。

いらない切手を郵便を送る際に利用する際の注意点などを少しまとめてみましたのでぜひご覧ください。

どんなに古くても、郵便代金としての利用は可能。破れや汚れがある場合は利用できない場合もある。

実は、どんなに古い切手であっても、極端に汚れていたり破れていたりしなければ利用することは可能です。

ただ、戦前の切手ですと、中には単位が一円以下の銭単位の切手も多く存在しますので

その場合は、まとまった数がないと利用できないこともあります。

また、柄がわからないほど汚れていたり、破れていたりする場合はそのまま切手として利用することはできませんが

その場合は新しい切手と交換して利用することが可能です。

切手を新しいものと交換する際は、当然ですが交換手数料がかかります。

切手の場合は、1枚5円(10円未満の切手については額面の半額)です。

古い切手などは額面が少ない切手が多く、シミや焼けなどが酷くて交換しなくてはならないケースもよくあります。

交換量を考えると手数料が大きくなることも多いので注意してください。

少額切手でもまとめて利用することが可能

1円切手や、5円切手など・・少額切手をたくさん持て余している人も多いかと思います。

実は、少額切手であっても郵便物に大量に貼って郵送することは可能なんです。

一般的な郵便物の場合、切手は右上に貼ることが多いのですが、実は右上だけでなくても

郵便局員が目視で確認できる位置であればどこに貼っても郵送はしてもらえます。

極端な話、宛先、宛名さえわかるように貼っておけばその周りを全部切手で埋め尽くしても郵送はしてもらえます。

ただ、貼られている額面を確認しなくてはならない郵便局員さんの手間は増えそうですね・・

あと、送られた側はなんて思うでしょうか・・あまり目上の人には避けた方が良いですね。

ゆうパックを送る際に利用するのであれば、荷物の大きさにもよりますが貼るスペースが増えますので少額切手でもたくさん貼ることが可能です。

少額切手をたくさん貼り付けるのは見た目的に少し恥ずかしい気もしますが、持て余していてどうしようもないという方は

そのように利用してみるのも一つの手です。

切手を利用する前に利用や交換ができるかどうか郵便局に問い合わせてみよう

多少汚れていたり、外側の白い淵の部分が破れていても郵便切手として利用できるのですが

利用できるかどうなのか判断が付きにくい場合もあります。また、もし切手として利用できないくらいに汚れていたり

破れている切手を利用した場合は、最悪の場合送付先の方が郵便代金を払うことになったり、返送されることもあります。

利用できるか怪しい・・と思った場合は、最寄の郵便局に切手を見せて利用できるかどうか確認してみましょう。

いらない切手の使い道2・他の額面の切手やはがき、レターパックなどに交換する

こちらは、先程の切手をそのまま利用するという方法とは少し違い、いらない切手を他のものに交換してもらって利用する方法です。

いらない切手は、ほかの額面の切手やはがき、レターパックなどに交換することも可能です。 (※ただし、年賀はがきへの交換はできません。)

切手を他のものに交換する際は、先程も書かせていただきましたが、1枚5円という交換手数料が掛かります。

10円未満の切手は半額の交換手数料になります。

いらない切手の使い道3・ヤフーオークションなどで金券代わりに利用する

ヤフーオークションなどで、少額商品を落札する場合、銀行振込や現金書留で支払うとなると、手数料を落札価格と比較しても

多く取られてしまうことが多々あり損した気分になりますよね。

少額の商品を大量に出品している出品者の中には、こうした不便を取り除くために切手での支払いを許可している方が中にはいます。

ヤフーオークションなどで切手での支払いを許可している方から何か必要なものを購入することで、要らない切手を消費することが可能です。

ただ、万が一切手として利用できない切手で支払ってしまうと、トラブルになることもありますので

切手で支払う場合は、出品者に事前に質問フォームなどから問い合わせをしておくと良いでしょう。

いらない切手の使い道4・金券ショップで換金する

いらない切手を現金に換えたいという場合、一番に思いつくのが金券ショップだと思います。

金券ショップは、比較的新しくて状態の良いシート切手であれば、額面の9割で交換してくれるケースもありますが

状態が悪かったり、バラの切手に関しては新しい切手でも格段に買取価格を下げられてしまうこともあります。

金券ショップで買取された切手は、「今すぐ、切手を出来るだけ安く利用したい!」と考えている人に購入されていくことがほとんどなので

郵便料金も年々変化していく(増加していく)昨今、少しでも古い切手や記念切手はどうしても買取価格が下がります。

特に額面の低い古い切手に至っては、たとえ記念切手であっても使い勝手が悪いので、買取不可となる場合も多いです。

金券ショップではプレミアがつくような切手であったとしても、今利用できなければ高く売れることはまずありません。

なので、比較的最近購入した新しい切手を大量に持て余している人にはおすすめだと言えます。

いらない切手の使い道5・切手の買取業者に依頼をする

古い切手や額面の低い切手を持て余している人に特におすすめなのが、切手の買取業者に依頼をする方法です。

シートで保管されている切手でも、切り取ってしまっているバラの切手はもちろんのこと

いつ発行されたのかわからないような古い切手、汚れていたり破れている切手でも買取してくれるケースがあります。

また、最近はお店にもっていかなくても、家まで無料で査定にきてくれて、いっぺんに切手を買取してくれる業者もいます。

しかし、切手買取業者は安全な会社から、悪徳業者まで様々な業者がいて

家の郵便受けのチラシに入っていた業者に連絡してみたところ、切手には目もくれず貴金属の買取を強引に要求されたり

買取を断っても「承諾してくれるまで帰らない!」と言って居座るなど迷惑行為を働く業者もいるのが現状です。

そんな業者に引っかからないために、管理人おすすめの切手買取業者を最後にご紹介したいと思います。

いらない切手をまとめて買取・処分するならばバイセルがおすすめ

  • 切手の使い道はだいたいわかったけれども、古い切手だったり汚れや破れがあるから郵便局で利用できるか、または交換してもらえるかどうかわからない・・
  • 金券ショップに買取を断られてしまった切手がある・・。
  • いらない切手が大量にあって、とてもじゃないけれど郵便やネットオークションで使い切ることは不可能だし、店舗まで持っていくのはかなり辛い・・捨てるしかないのかな・・

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにオススメなのが、坂上忍のCMでおなじみのバイセルという切手買取業者がおすすめです。

私がバイセルをおすすめする理由としては

  1. 汚れていたり破れていたりする切手でも買取してもらえることが多い。
  2. 古い切手でも買取可能で、切手によってはプレミア価格がつくことも!

以上2点があげられます。

全ての切手を値段をつけて買取してもらえるわけではないのですが、値段がつかない切手であっても

他に買取可能な切手があれば一緒に持っていってもらえることも多いですし、まとめて買取依頼をすることで

査定金額もその分多くなる上に、いちいち何に使おうか考えたり悩んだりしなくても一気にまとめていらない切手を片付けることが可能です。

査定だけの依頼も可能ですし、買取金額に納得がいかなければキャンセルできますし、査定料やキャンセル料なども無料なので

切手の使い道に悩んでいる方はぜひ、一度バイセルに買取を依頼してみるといいですよ。

【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です