プレミア切手を売りたい・・買取査定する上での注意点とおすすめの業者を教えます!

賢一

賢一
こんにちは。賢一です。

切手の価値は年々下がってきているのはわかっているけれど、家にあるプレミア切手または

プレミア切手だと思われる切手を1円でも高く売りたい!と思われているかたは多いですよね。

このサイトに来たプレミア切手はどんな切手なのか、自分が持っている切手は本当にプレミア切手なのか

よくわからなくなっていたり、少しでも高く売るにはどうすればいいのかわからないと悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、ここではプレミア切手とはどんな切手のことをいうのか?を簡単に説明していただき

プレミア切手をなるべく高く売るためのコツやオススメの業者をお伝えしたいと思います。

プレミア切手をなるべく高く売りたい・・・と思われている方や、自分の切手は本当に高く売れるのかと疑問に思われている方は

ぜひ参考にご覧ください。

プレミア切手ってどんな切手?

切手というのは、古いから良い・悪いというものではありませんし

新しいから、綺麗な柄だから、というものでもありません。

プレミア切手とは、どんな切手かというと

  • 発行枚数が少なく、持っている人が少ない希少価値の高い切手
  • 長年、切手愛好家に愛され人気の高い切手

のことを言います。

つまり、欲しがっている人に対して、流通している枚数が少ない切手が、プレミア切手です。

では、プレミア切手には色々なものがありますが、その中でも特に人気の高い切手についてご紹介したいと思います。

 プレミア切手1・ 記念切手

記念切手と呼ばれ、一部の切手はプレミア切手になっています。

日本や海外の世界遺産の風景が描かれている世界遺産シリーズの記念切手や

明治から昭和にかけて20世紀日本の事柄などを切手に表している20世紀デザイン切手

1964年の東京オリンピック時に発行されたオリンピック記念切手などが

高値で取引されることが多いようです。

シート(切り離していない状態)を持っていると高値で買取されることもあるようですが

中国切手の赤猿や、切手趣味週間の見返り美人・月に雁などに比べると

発行枚数も多く流通している数もそれなりにあるため買取価格は低くなる傾向があります。

プレミア切手2・ 戦前切手

戦前切手というのは明治時代に郵便事業が操業された際に発行された切手のことです。

中でも向かい合った竜が描かれていて、真ん中に文字が書いてある「竜切手」は流通している数も少なく

1枚で1万円以上の買取価格になることもあるそうです。

しかし、昭和時代に竜切手を再現した切手が多く出回っているので、全ての切手が高く売れるわけではありません。

昭和初期や大正時代の切手は古くてプレミアがつきそうな感じがしますが

実はあまり高い買取価格がつかないことが多いのが現状です。

明治時代から昭和初期の切手は銭単位の額面のものも多く郵便切手として使うには難しいものも多々ありますので

切手買取業者に査定をしてもらい現金で買取してもらった方がお得に処分ができるでしょう。

古い切手を処分するなら切手買取業者バイセルがおすすめです。

>>【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

プレミア切手3・見返り美人、月に雁

1947年に切手収集の趣味を普及させるために「切手趣味の週間」が制定されました。

月に雁、見返り美人は切手趣味週間が制定された際に発行され、昭和20年代の切手ブームの時期に人気になった切手です

縦長(7✖️3センチ)の大きめの珍しい大きさの切手で日本の浮世絵が描かれています。

切手趣味週間の切手の中でも特に人気の高いのが「見返り美人」と「月に雁」です。

どちらの切手もバラ1枚でも数百円〜数千円の値段がつきます。

状態の良いシートの切手だと、シート1枚で1万円以上の価格になることもあります。

プレミア切手4・牡丹、オオパンダ2次、赤猿

こちらは中国で発行された「中国切手」と呼ばれるものです。

中国切手は、数年前に中国がバブル期に突入したあたりから

多くの富裕層が切手を買い占めたことにより中国切手の値段が上がりました。

現在は中国経済も少し落ち着いてきたこともあり切手の値段も下降傾向にありますがまだまだ中国切手の価格は高いです。

かといって全ての中国切手が高く売れるわけではありません。

中国切手の中でも人気なのが、赤猿、牡丹、オオパンダの切手です。

中でも赤猿は、当時切手収集が禁止されていた際に発行された年賀切手ということもあり

発行枚数が少なく、切手を保管している人も少ないので超プレミア切手となっています。

1枚で最低1万円以上・・シートで保管している場合は数十万円、百万円以上にもなることがあるそうです。

牡丹、オオパンダの切手も人気が高い切手ですが、こちらは1枚千円〜高くて1万円程度の買取価格がつくことが多いです。

ただし、中国切手に関しては偽物も多く出回っていますので、必ず切手の専門家に査定を依頼しましょう。

プレミア切手を高く売る方法

ここでは、「これは高く売れるかもしれない・・」「これはプレミア切手かも?」と思われた方がやるべき方法を伝授したいと思います。

一円でも高くご自身が持っている切手を売りたい方はぜひ試してみてください。

プレミア切手を高く売る方法1・複数社に査定を依頼する

切手買取を行っている業者は数多く存在しますが

切手を買取した後に再販するルートをたくさん持っている会社は高く買取してくれることが多いです。

切手の買取・再販も業者によって得意不得意があり、切手買取を実施している業者であっても

全ての業者が切手の買取を得意としているわけではありません。

そういうわけで、なるべく、複数の会社に査定を依頼することをお勧めします。

今の時代、金券ショップや切手買取業者でも出張買取を行なっている会社は多いですし

不動産屋中古車の買取のように、店舗に行かずとも、

切手も色々な業者に査定を依頼することが可能ですので複数社に依頼をするのは難しいことではないです。

あまり何十社も依頼をするのは大変ですので、少なくとも2〜3社に依頼をすることをお勧めします。

プレミア切手を高く売る方法2・他の切手もまとめて売る

このページでは高く売れる切手の種類などをご紹介してきましたが、

切手は現在取引価格が年々下がってきていて、一部のプレミア切手を除いては高く売れることがとても少ないのが現状です。

数年前は1万円以上で取引されていた切手が、現在は数百円・・なんてことも珍しくありません。

切手の買取価格は下がっているのは避けられない現実ですが、できるだけ多くの切手をまとめて査定することで

買取金額が多くなることは考えられます。

例えばバラの切手1枚を売っても数十円〜数百円にしかならないことが多いのですが

シートの切手を10枚売ると、額面よりも高く売れることは少ないにしても・・いきなり1万円以上になることは十分考えられます。

また、まとめて査定依頼をすることで、値段のつかない切手であっても、他に価値のある切手と一緒に買取をするという条件で

無償で引き取ってもらえたり、あるいは買取価格を上乗せしてくれることもあります。(そんなに大幅に高くはなりませんのでその辺はあまり期待しない方が良いです)

プレミア切手を高く売りたいならばまずはバイセルに査定依頼するのがおすすめ

切手の価値は年々下がってきているとはいえ、長年コレクションしてきて大切にしてきたプレミア切手・・

ご自身が集めていたものであっても、他の方が集めていたものであっても、1円でも高い買く売りたいですよね。

  • 1円でも高く売りたいから複数の業者に依頼をしたいけれど・・査定の見積もりだけでも気軽に頼めるところはないかな・・
  • 金券ショップや近所の買取店にもっていく前に、 今持っている切手の価値がどんなもんなのか知りたい
  • プレミア切手の価値を見極めてくれる業者を探している!

そんなあなたにオススメなのがが、あの坂上忍のテレビCMで有名な、バイセルという切手買取業者です。

バイセルは出張買取を得意としており、切手の価値をよく理解している査定員が常駐しており

1枚1枚丁寧に査定して、きちんと値段をつけてその場で適正価格を付けて買取をしてくれるとても便利な業者です。

査定依頼をすればだいたい即日〜翌日(依頼者の住所や都合などにもより前後します)に来てくれることが多く

査定だけの依頼も無料で査定金額に納得が行かなければキャンセルも可能ですので、他社と価格を比較してみたい・・と思った場合に利用するのも便利でよいです。

家にいながら、手数料なども取られず、査定後その場で現金買取してくれるので本当に助かりましたし、コールセンターのスタッフも査定員もとても接客が丁寧なので信用できます。

問い合わせや査定の見積もりだけでも、気軽にできるので、公式サイトから依頼をすることをオススメします。

現在、インターネットからの問い合わせが多く、電話をかけるまでに数日かかることもあるそうです・・

スマホの方は公式サイトからタップしてバイセルに直接電話をすることが出来ますので、お急ぎの方はお電話での依頼をすると良いですよ。

【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です