年賀切手・お年玉切手の買取価格相場はどれくらい?昭和時代のものはプレミアが付くって本当?!

賢一

賢一
こんにちは。賢一です。
年賀状くじの景品の年賀切手を毎年集めていて、何十年分の年賀切手を持て余している・・
でも、利用する機会もないし、お金になるのであれば、買取して手放したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

年賀はがきのくじの景品で交換してもらえる年賀切手(お年玉切手とも言いますね)・・普段、郵便物を送る際に使えるとわかっていても
ついついそのまましまって溜まっている・・なんて方も多いのではないでしょうか。実は私がそうです(笑)

実は、そんな年賀切手・・現金で買取してもらうことが可能なのです。

一部の年賀切手以外は額面以上の価格で買取されることはまずありませんが

年賀状くじの景品でタダで手に入れた切手を、現金に換えられたら、少し得した気分になりますよね。

そこで、ここでは年賀切手の買取について簡単に説明させていただくのと、どんな切手が高額買取されるのか

年賀切手を買取するならオススメの買取業者などの紹介をさせていただきます。

年賀切手を現金に換えたい・・持て余していてなんとかしたい!と考えている人はぜひ参考にご覧ください。

年賀切手を現金で買取してもらえるって本当?どこで買取してもらえるの?

郵便局で年賀はがきのお年玉くじでもらった年賀切手・・実は買取してくれるお店や業者がいます。

買取してくれる業者は主に

  1. 金券ショップ
  2. 切手買取業者

の2種類あります。

年賀切手といっても、昭和初期の古いものから、今年の年賀切手まで幅広く存在し、

切手を高く買取してくれる業者も、その業態などによって異なってきます。

下記では、金券ショップと切手買取業者の特徴と、高く買取してもらえる年賀切手などについて

簡単に説明させていただきます。ぜひご覧ください。

年賀切手を買取してもらえるところ1・金券ショップ

金券ショップというと、新幹線の切符やレジャー施設のチケットなどを買取・販売しているイメージがありますが

実は切手も金券の一種なので、店舗にて買取を受け付けていたりします。

金券ショップの場合、すぐに切手を利用したい人にそのまま売る場合が多いためか

発行年が新しく状態の良い切手ほど、高値で買取してもらえる傾向があります。

年賀切手の場合、新しくて状態の良いシート切手であれば額面の80%くらいで買取してくれる店舗が多いです。

古い切手でも、額面70%くらいで買取してもらえたりもするのですが

少しでも汚れていたり、破れていたりする切手は利用できない可能性もあるため
買取してもらえません。

また、バラの切手も買取こそしてもらえますが、買取価格は非常に安くなります。

切手愛好家などの間で高く取引されているような、プレミア切手とされるような切手であっても

額面の6割以下(数円)で買い取られてしまうことも多いそうです。

年賀切手を買取してもらえるところ2・切手買取業者

切手買取業者というのは金券ショップとは違い、あくまでも買取のみを扱っている業者です。

店舗やオフィスへの持ち込み買取はもちろんのこと、出張買取や郵送買取(切手の数が多い場合は宅配買取)も実施しているところが多いです。

買い取られた切手は、切手愛好家や切手収集家など、購入した切手を基本的に利用しない人に転売するため

古い切手でも、汚れていたり破れていたりする切手でも、種類にもよりますが集めている人がいる欲しがっている人がいるような切手の場合は買取可能となります。

年賀切手は特に昭和初期のものはプレミアがついている切手もあるので

「とにかく古そう・・」と思えるような昭和時代の年賀切手が家にたくさんあるような場合は

切手の買取を得意として切手買取業者に買取を依頼することをお勧めします。

ただ、比較的あたらしくて綺麗な切手を買取してもらう場合は、金券ショップの方が買取価格は高くなる事もあります。

年賀切手は、モノによっては切手買取業者にて高価買取が可能

高価で取引される年賀切手の代表としては、昭和25年「とら」の切手や昭和27年の「おきなの面」は年賀切手愛好家に人気が高く、

今現在も高値で取引されています。

買取価格は、シートで残っていた場合は1シート数千円にはなると推測されます。

もし、上記の写真のような年賀はがきが残っていたらぜひ査定を依頼して切手の価値を確かめてみるのもいいでしょう。

※とは言え、切手の保管状況や状態などで買取価格は変わることもありますのでそこはご了承ください。

昭和20年代〜30年代の年賀切手はやはり人気が高く、高く売れることもありますが

それ以降の切手は、正直、あまり高く売れず、シートで残していても額面の7〜8割で売れることが多いです。

年賀切手(お年玉切手)はコレクターがいるので売れやすい

全ての年賀切手、お年玉切手が高く買取できるわけではないのですが、年賀切手を集めているコレクターは数多く存在します。

また、年賀切手はくじ付き年賀はがきの景品として流通しているもので、

毎年干支にちなんだのデザインの切手が発行されていることもあり切手愛好家からはまだまだ人気を集めています。

家の中の収納ケースや押入れの中にお年玉はがきが仕舞いっぱなしになっている人はぜひ買取に出して

コレクションとして必要としている人の元へ届けるのも一つの選択肢です。持っていても、使わないでいるのはもったいない事ですから・・。

年賀切手の買取を依頼するのであれば、バイセルがおすすめ!

金券ショップや切手買取業者で年賀切手の買取ができることは分かったけれども、

どのお店や業者に買取を依頼すればいいのかわからないという方も多いですよね。

あるいは、金券ショップや切手買取業者が家の近くにはなくて、行くのが少し大変だったり

年賀切手を始め、他の切手も大量に持て余していて、持っていくのは少ししんどい・・

とりあえず査定してもらって、切手を売ろうかどうかを決めたい・・

と思っている方にお勧めなのが、坂上忍のCMでも有名なバイセルという切手買取業者です。

>>【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

バイセルは日本全国各地で出張買取を実施していますし、宅配買取も全国対応していますが

特に出張買取を得意としており、プレミア切手を高価買取してくれるのはもちろんのこと

金券ショップやリサイクルショップ等で買取を断られてしまうような

バラの切手でも、古い切手や汚れている切手でも値段をつけて買取をしてくれるだけでなく、

家に大量にあって店舗に持ち運びができないダンボールなどに詰められている切手でも

1枚1枚丁寧に査定して、きちんと値段をつけてその場で買取をしてくれるとても便利な業者です。

古い年賀切手で、プレミアがついたものはもちろん高値で買取してくれますし、

そうでない年賀切手でなくてもきちんと値段をつけて買取してくれます。

また、出張査定の場合、査定依頼をすればだいたい即日〜翌日(依頼者の住所や都合などにもより前後します)に査定に駆けつけてくれることが多く

査定だけの依頼も可能ですし、査定料や出張料は無料。査定金額に納得が行かなければキャンセルも可能です。

家にいながら、手数料なども取られず、査定後その場で現金買取してくれるので本当に助かりましたし、

何よりもコールセンターのスタッフも査定員もとても接客が丁寧なので信用できます。

問い合わせや査定の見積もりだけでも、気軽にできるので、ぜひ公式サイトから依頼をしてみるといいですよ。

>>【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

現在、インターネットからの問い合わせが殺到しており、バイセル側から電話をかけるまでに数日かかることもあるそうです・・
電話さえつながれば、すぐに査定の手配をしてくれるので、即日〜翌日に査定が可能です。
スマホの方は公式サイトからタップしてバイセルに直接電話をすることが出来ますので
お急ぎの方はお電話での依頼をすると良いですよ。

【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です