切手趣味週間の切手の価値・買取価格相場はどれくらい?買取査定するならオススメの業者はどこ?

賢一

賢一
こんにちは。賢一です。

長年コレクションしてきた切手を手放したい、処分したい・・と考えている人の切手コレクションの中に

「切手趣味週間」とシートに書かれた切手をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

切手趣味週間の切手は、物によってはプレミア切手と呼ばれ切手愛好家や美術品愛好家に人気があり

高値で買取が可能なものも存在します。

そこで、ここでは切手趣味週間の切手シートについて、どんな切手が価値があり、なぜ人気が高いのかという点について簡単に説明させていただき

その上で、オススメの切手買取業者をご紹介したいと思いますのでぜひご覧ください。

切手趣味週間切手は、一部のプレミア切手を除いては高値で買取されることはありませんが

古い切手でも新しい切手でもそれなりに人気があるのでよほど状態が悪くなければ現金で買取してもらえます。

いますぐ手持ちの切手を現金に換えたい・・切手の価値だけでもすぐに知りたいという方は

坂上忍のCMでおなじみの切手買取業者、バイセルが高値で買取してくれるだけでなく

とても親切丁寧で良い業者なので、オススメです!

>>【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

切手趣味週間とはどんな切手?その特徴とは

切手趣味週間切手とは、1947年に最初に発行された切手で、日本の多くの美術品や絵画が描かれているのが特徴です。

戦後、郵便事業復興策の一つとして郵政省が切手収集の普及・促進に力を入れるために発行された切手で

  1. 素敵な絵画や美術品などを描いた切手を発行し、コレクションしようとする人も増える
  2. 切手を購入する人を増やす

という目的で発行された切手です。

切手趣味週間切手は、当時としては大きいサイズの特大切手で(当時の記念切手の約2倍半ほどの大きさ)

当時としては特大切手は珍しく、日本の切手収集家のみならず海外の切手収集家にも衝撃を与え絶大な人気を得たと言われています。

その後、1955年の「ビードロを吹く娘」という切手が発行されてからは
切手趣味週間切手は毎年発行されるようになりました。

切手趣味週間切手は美術品コレクターにも人気の高い切手

切手趣味週間の切手は、日本絵画の名品を題材として発行されていることもあり

浮世絵や美人画、屏風絵、近代画など様々な切手を集めて自分好みに整理し飾ったり整理をして楽しむ美術品コレクターも多くいます。

また、切手に描かれた絵画の多くは絵柄が切り取られているので、美術館で現物の絵画を見て比べてまた楽しむ・・という方も多いのだそうです。

切手趣味週間で特に人気と価値のある切手

切手趣味週間の切手は切手収集家や美術品愛好家にも人気が高い切手ではありますが

残念ながら、すべての切手が高値で取引されるわけではありません。

ですが、一部の切手趣味週間切手はプレミア切手とされて現在も高値で取引されています。

下記では、切手趣味週間切手の中でも、現存しているものが少なく人気を集めている切手をご紹介いたします。

高価買取が期待できる切手趣味週間切手1・1948年発行 見返り美人

見返り美人は切手趣味週間切手が発行され始めた翌年に発行された切手で、江戸時代の浮世絵師、菱川師宣の代表作「見返り美人図」を描いた切手です。

切手に描かれた見返り美人は単色ですが原画は鮮やかな着物と帯の色をしていて、見比べて楽しむ人も多いとのことです。

この切手は切手ブームの火付け役となった切手で日本の切手愛好家のみならず、海外の切手愛好家にも大変人気のある切手で

菱川師宣の絵画の存在を世界に知らしめたとされる切手でもあります。

発行枚数は200万枚と切手趣味週間切手の中では少なく、

シートで残っている切手に関しては1枚、数万円で取引される幻の切手で、買取金額も高額になります。

高価買取が期待できる切手趣味週間切手2・1949年発行 月に雁

月に雁は、1949年に発行された切手で、こちらはシートに「郵便週間記念」と印字されています。

江戸時代の浮世絵師、歌川広重の花鳥画「月に雁」を題材にした切手です。

切手は紫色の単色で描かれていますが、原画は空の部分に

「ヒロシゲブルー」とも言われた藍色を使われている幻想的な作品です。

この「月に雁」の切手も「見返り美人」同様当時は絶大な人気を誇り、

半世紀以上経った今でも切手愛好家ならびに美術品愛好家に愛され続けている切手です。

こちらも1シートは見返り美人と同じくらいの価格・・数万円で取引されている切手で、

買取金額もかなり高額になることが期待できます。

切手趣味週間の切手を買取依頼するのにオススメの業者は?

切手趣味週間切手は、一部の切手にしかプレミア価格はつかないものの

どの切手もそれなりに人気があるのでよほど状態が悪いものでなければ、現金で買取してもらえる切手です。

切手として利用する予定がない方や、処分を急いでいる方は買取業者に一度見積もりをしてもらうことをお勧めします。

そうは言っても、切手の買取をどの業者に依頼すればいいのかわからない・・という方も多いですよね。

そんなあなたにオススメなのが、坂上忍のCMでも有名な、バイセルという切手買取業者です。

バイセルは日本全国各地で出張買取を実施していますし、宅配買取も全国対応していますが

特に出張買取を得意としており、プレミア切手を高価買取してくれるのはもちろんのこと

金券ショップやリサイクルショップ等で買取を断られてしまうような

バラの切手でも、古い切手や汚れている切手でも値段をつけて買取をしてくれるだけでなく、

家に大量にあって店舗に持ち運びができないダンボールなどに詰められている切手でも

1枚1枚丁寧に査定して、きちんと値段をつけてその場で買取をしてくれるとても便利な業者です。

また、出張査定の場合、査定依頼をすればだいたい即日〜翌日(依頼者の住所や都合などにもより前後します)に査定に駆けつけてくれることが多く

査定だけの依頼も可能ですし、査定料や出張料は無料。査定金額に納得が行かなければキャンセルも可能です。

家にいながら、手数料なども取られず、査定後その場で現金買取してくれるので本当に助かりましたし、

何よりもコールセンターのスタッフも査定員もとても接客が丁寧なので信用できます。

問い合わせや査定の見積もりだけでも、気軽にできるので、ぜひ公式サイトから依頼をしてみるといいですよ。

>>【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

現在、インターネットからの問い合わせが殺到しており、バイセル側から電話をかけるまでに数日かかることもあるそうです・・
電話さえつながれば、すぐに査定の手配をしてくれるので、即日〜翌日に査定が可能です。
スマホの方は公式サイトからタップしてバイセルに直接電話をすることが出来ますので
お急ぎの方はお電話での依頼をすると良いですよ。

【バイセル】切手買取公式サイトはこちら“"

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です